働き方

女性医師の転職失敗例から学ぶ。子育て女医の転職体験談。キャリアについて考えよう

子育て女医の転職失敗事例とは?

女医の転職体験談をご紹介します。転職を失敗しないためのポイントをお伝えします。

★本記事の要点★

✓女医の転職失敗事例
✓失敗しないポイント
✓転職失敗のその他の理由
✓転職を後悔しないために
✓育児中女医のオススメ転職サイト

女医の転職失敗事例

体験談1

【卒後3年目内科】

医局に属し、専門医取得未だ。1児の母。

出産・育休後、医局に常勤で復帰したが、予想以上の子どもの緊急呼び出し対応などで、仕事に穴をあける必要が出てきたので、転職活動を開始。

復帰後1年のタイミングで転職。

<転職して良かった点>

・育児に時間があてられる
・フレキシブルに動ける

<転職して失敗した点>

・自分の将来を見据えて決定すべきだった

<本音>

内科の常勤となりましたが、「熱心に指導いただけて、専門医を取得できる職場」ではありませんでした。

育児の時間がとれるようになったのは、ありがたいのですが、キャリアのサポートがもっとしっかりしている職場を探すべきでした。

年収も待遇も好条件と思いましたし、そちらは不自由ありませんが、もう少しよく検討すべきでした。

当時転職希望がとても強かったので、もう仕方ないのですが、内科専門医をとってから転職しても遅くなかったかもしれません。

体験談2

【卒後13年目外科】

医局に属し、専門医取得済み。2児の母。

出産・育休後、医局で復帰したが、手術がある、当直・オンコールがあることで、子どもが犠牲になった。今の勤務先が続けにくく、転職するのが望ましいと考えた。

<転職して良かった点>

・当直なし。土日は完全フリー。常勤医
・育児を優先できる環境

<転職して失敗した点>

・スキルが身につかない

<本音>

転職先では、外科手術が全くできないわけではありません。

しかし、なりたい自分とは程遠いのです。外科領域に関わることはできても、スキルアップはのぞめません。

子育てを優先した結果、ある程度仕方がないと割りきるしかないのかもしれませんが、今後、子育てがひと段落したら、転職しようと考えています。

上記のお二人の事例では、

✓キャリアのサポートが不十分
✓スキルが身につかない

ことが失敗の理由でした。

失敗しないポイント

失敗しないためにポイントを整理します。

  1. なりたい自分をイメージし、
    キャリアプランを考える
  2. なりたい自分を実現するのに
    何が必要か
  3. 希望条件
  4. 今の問題点
  5. どうすればベストか考える

1 なりたい自分をイメージし、キャリアプランを考える

キャリアプランはライフステージに合わせて、その都度変更できます。

ただ、よく考えることがとても大事です。

ここでは、おおざっばでいいので、例えば10年先、どうなっていたいか理想を描きます。

2 なりたい自分を実現するのに何が必要か

専門医取得が必要?再研修?
医局に属している必要がある?
転職でもいい?

どういう条件・職場であれば、キャリアを実現できるかを考えます。

3 希望条件

育児のことを考えると、妥協せざるを得ない点もあるでしょうが、まずは希望条件を箇条書きにします。

常勤?非常勤?時短勤務?
当直・オンコールは外してもらう?
業務の具体的な内容は?

4 今の問題点

今の職場の問題点を洗い出します。

5 どうすればいいか考える

3の希望を叶え4の問題点を解決するには?

仕事内容を変える?
とりあえずやってみる?
転職?
転職するなら条件は?

ご自身の意見がまとまったら、ご家族や上司と相談します。

お役に立たないかもしれませんが、

例えば私の場合、

  1. なりたい自分をイメージ
    脳卒中・脳血管内治療に携わる
  2. 何が必要か
    ブランクが4年、再研修が必要
  3. 希望
    ・常勤
    ・脳血管内治療を再研修したい
    ・オンコール・当直が免除されるなら、ありがたいが…
    無理であれば(脳卒中は救急メインなので、たぶん無理)
    引き受けられる体制(家族・外部委託)を整える必要がある
  4. 今の職場の問題点
    ・医局人事に従う必要がある
    ・育児との兼ね合いが難しい
  5. どうすればいいか
    ・医局長・教授と話し合い
    ・希望を伝える
    (今はこれしかできない)

万一のドロップアウトに備えて、逃げ道も用意
(医局に属しながら転職サイトに登録しています)

転職失敗のその他の理由

転職失敗のその他の理由を調べたところ、以下がありました。

・育児に対する理解を得られなかった
・思っていた職場環境ではなかった
(良くなかった)
・周りのスタッフとうまくいかない
・聞いていた勤務内容ではなかった

(激務だった)

転職先が聞いていた・思っていたのと違った、というのが多いようです。

転職を後悔しないために

★後悔しないためのポイント★

・勤務条件・内容が希望にあっているかを確認する

・転職エージェントに質問する

・候補の転職先には足を運ぶ

勤務条件・内容が希望にあっているかを確認する

転職先の勤務条件・内容が、ご自身の希望にあっているかを確認しましょう。

採用条件は必ず書面で確認しましょう。

転職エージェントに質問する

転職エージェントは、多数の医療機関に精通しており、専門といえます。

不明点は何でも聞き、不安を解消しましょう。医師転職支援サービスの【JMC】は、専門家として、一人ひとりに綿密にアドバイスしてくださいます。

候補の転職先には足を運ぶ

実際見てみないと、職場の雰囲気は伝わりません。

「思っていたのと違った」とならないように、転職先の病院へ見学に行きましょう。

育児中女医の
オススメ転職サイト

転職サイトを選ぶポイント

✓業績があり信頼できるか
✓子育て女医の支援が十分か

出産・育児でブランクができて再就職までの研修が必要なとき、そのサポートを受けられます

◎女性医師バンク
初めての方へ | 日本医師会女性医師バンク (med.or.jp)

◎民間医局
民間医局

▼業績があり信頼できます。

◎医師登録実績No.1
エムスリーキャリア

◎求人数が業界トップ
医師転職ドットコム

◎産業医求人にも対応
マイナビDOCTOR

個々の希望がかなう
Dr.転職なび

▼実際の女医の転職成功事例をご紹介
【女医の転職】子育てと仕事を両立できた女性医師の転職成功例!先輩女医の体験談

また、複数のサイトに登録すると、メリットがあります!

なぜなら、

・求人を比較できるため、より好条件の求人を見つけられる
・相性のよい転職エージェントに出会える

可能性が高まるからです。

まとめ

✓女医の転職失敗事例
✓失敗しないポイント
✓転職失敗のその他の理由
✓転職を後悔しないために
✓育児中女医のオススメ転職サイト

についてお話しました。

ご参考になりましたら幸いです。

「今の勤務では、育児と両立しにくい…」とお悩みではありませんか?

・当直やオンコールなし
・時短勤務
・院内保育完備

好条件の求人を探してみませんか?

\仕事と育児を両立させるために/
 ▼まずは無料登録から▼

民間医局
エムスリーキャリア
医師転職ドットコム
マイナビDOCTOR
Dr.転職なび

ABOUT ME
さなえ
さなえ
1、3歳児の脳外科医ママ。 女医の妊娠、育児に関する悩み、経験を共有し、解決法や楽しくできる工夫を発信しています。
error: Content is protected !!