※商品プロモーションを含む場合があります

研修医向け

脳神経内科と脳神経外科の違いをわかりやすく解説!研修医がどちらを選ぶか迷う場合にためになる話

脳矢状断アイキャッチ

  • 神経に興味があるが、内科か外科で迷っている
  • それぞれどの分野・疾患を扱うか
  • 研修医が専門科として選択する際のポイント

についてお話します。

要点

どちらも脳脊髄、神経の病気を診る。
脳神経内科は、内科。
脳神経外科は、外科。

脳神経内科は神経診察が得意。
慢性疾患、筋、末梢神経まで幅広い。

手術が必要なものは、脳神経外科。
放射線治療、薬物治療も行う。

研修医が専門科として選択する際、
病院によって扱う領域が異なるので
注意が必要。

では、詳しく見ていきましょう。

どこが共通し、どう違うか

どちらでも扱う疾患

例えば、てんかんは、どちらの科も診ます。抗てんかん薬のコントロールをします。

しかし、薬剤抵抗性の難治性てんかんで、手術が必要な場合、脳神経外科が診ます。

このように同じ病気を取り扱いますが、薬のみで治療する場合は脳神経内科、手術が必要であれば脳神経外科が診ます。

例えば、パーキンソン病。

診断、治療に詳しいのは脳神経内科。よって脳神経内科に特化した疾患ですが、薬剤抵抗性で、手術(定位脳手術)が必要な場合、脳神経外科が担当します。

どちらかに特化した疾患

脳神経内科

神経変性疾患(パーキンソン病、多系統萎縮症、進行性核上性麻痺、脊髄小脳変性症、レビー小体型認知症、筋委縮性側索硬化症)

末梢神経疾患(多発性神経炎・ギランバレ-症候群)

筋疾患(多発性筋炎・筋ジストロフィ-症)

こんな方に向いている

神経診察が好き・得意
慢性疾患を診たい
内科がしたい

▼医学生・研修医の方へ(外部リンク)
セミナーの案内もあります。
医学生・研修医の方へ|日本神経学会

脳神経外科

くも膜下出血、脳動脈瘤、脳出血、脳動静脈奇形、硬膜動静脈瘻、もやもや病。

外傷(急性硬膜下血腫、急性硬膜外血腫、慢性硬膜下血腫)

脳・脊髄腫瘍。

こんな方に向いている

急性疾患を診たい
外科治療がしたい

脳外科手術現場
脳神経外科医の日常はどんなの?脳神経外科週間スケジュールを徹底解説します。 学生・研修医 脳神経外科医って、どんな日々を過ごしているの? 脳神経外科の日常が気になる ルーチンワ...
手術現場
【脳神経外科】女医の私が魅力語ります!脳外科医でよかったと思う点脳神経外科が何を治療する科かよくわからない、あるいは選択科を悩んでいる方へ。この記事では、脳神経外科についてとその魅力について語ります。...
脳外科女医アイキャッチ
脳神経外科へようこそ。若手脳神経外科女医さんへのメッセージ 最近、女性医師の増加に伴い、脳神経外科志望の女医さんも増えてきている。 さなえ 嬉しいな!(^^)! プロ...

▼医学生・研修医の方へ(外部リンク)
先輩方からのメッセージもあります。
日本脳神経外科学会

病院により区分が異なる脳卒中

脳卒中は、少し特殊。

脳卒中はgeneralな疾患かつ、治療がめざましく発展している領域。脳卒中治療科という専門科があるほどです。

脳神経内科でも脳神経外科でも、カテーテルによる機械的脳血栓回収療法を行う場合があり、その区分は病院により異なります。

こんな症状のときはどちらにいくか

しびれやめまい、うまく力が入らない、歩きにくい、ふらつき、つっぱる、ひきつけ、むせ、しゃべりにくい、ものが二重に見える、頭痛、かってに手足や体が動く、物忘れ、意識障害等

脳神経内科、脳神経外科、どちらでも診察可能です。確定診断を導きます。

診断・治療等は、脳神経内科・脳神経外科ともに、両診療科が連携して行い、必要であれば適切な科に紹介します。

例えば、パーキンソン病と診断されれば、まずは脳神経内科での治療介入となります。くも膜下出血の原因である脳動脈瘤が見つかった場合、脳神経外科になります。

他科から脳神経外科へコンサルト

脳神経外科は、結構、他科を経由してコンサルトされることが多いです。

例えば、眼科や耳鼻科から脳神経外科へコンサルトが来る場合があります。

ものが二重に見える
⇒眼科受診
⇒内頸動脈-後交通動脈瘤が見つかる
⇒脳神経外科へ

耳鳴り
⇒耳鼻科受診
⇒硬膜動静脈瘻疑い
⇒脳神経外科へ

眼や耳の症状で、頭蓋内病変が見つかることもある
ということをおさえておきましょう。

研修医が専門科として選択する際のポイント 

ここまでの話で、おおまかに脳神経内科・脳神経外科の違いを理解できたかと思います。

ただ、研修医が専門科としてどちらかの科を選択する場合、病院によって扱う疾患・領域が異なるので注意が必要です。

ご自身が希望する科の教室のホームページをご確認ください。

脳卒中を診療したいな、と考える場合、

A病院は、脳神経外科が脳卒中をみる。
B病院は、脳神経内科が脳卒中をみる。

ということがありえます。

脳神経内科・脳神経外科のどちらをしたいかだけではなく、脳卒中も診療したいか、含まれているかを確認し、検討しましょう。

まとめ

  • 脳神経内科・脳神経外科の違い
  • 共通点・相違点
  • 研修先を確認する重要性

についてお話しました。

神経に興味があって、内科・外科で迷われている場合、ご参考になれば幸いです。

ABOUT ME
さなえ
さなえ
2、4歳児の脳外科医ママ。 女医の妊娠、育児に関する悩み、経験を共有し、解決法や楽しくできる工夫を発信しています。
error: Content is protected !!